カナガンキャットフードはマグネシウムが多い?尿路結石になる!?

カナガンキャットフードの口コミ注意※評判悪い?【徹底検証】

 

マグネシウムが多いキャットフードはダメだと知っていますか?

 

 

カナガンキャットフードにももちろんマグネシウムが入っています。

 

 

「えっ!?」

 

 

このようにびっくりされた方もいると思います。しかし、問題なのはその入っている「数値」なのです。

 

 

では、カナガンキャットフードに入っているマグネシウムの数値は一体どのくらいなんでしょうか。それらを徹底解説したいと思います。

 

 

カナガンキャットフードに入っているマグネシウムの数値

カナガンキャットフードの口コミ注意※評判悪い?【徹底検証】

 

その数値は、「0.09%」です。

 

 

この情報は販売会社に直接聞いたものなので確実です。実際に他のキャットフードと見比べてみてもこの数字はかなり少ない方です。

 

 

近所のホームセンターやペットショップで売っているキャットフードは、マグネシウムの数字が明らかにカナガンキャットフードがより高くなります。

 

 

では一体、マグネシウムが多いとどうなるのでしょうか。

 

 

マグネシウムが多いと猫ちゃんの体に悪影響

カナガンキャットフードの口コミ注意※評判悪い?【徹底検証】

 

実はマグネシウムが多いと猫ちゃんの体にはとても悪いんです。

 

 

どういうことを引き起こすのかというと、猫ちゃんの病気で多い「尿路結石」になりやすくなったりします。

 

 

それもキャットフードは毎日食べるものです。毎日、尿路結石になりやすいものを食べていれば、いずれ体調が壊れていき、病気を引き起こしたりします。

 

 

なので、マグネシウムが多いキャットフードには注意が必要なんです。

 

 

でもカナガンキャットフードにマグネシウムが入っているのはなぜ?

カナガンキャットフードの口コミ注意※評判悪い?【徹底検証】

 

それはマグネシウムも少なからず猫ちゃんの体には必要なんです。

 

 

人間でもそうですが骨、歯、代謝の促進など、マグネシウムは必ず必要になってきます。これは猫ちゃんでも同じなんです。

 

 

だから、猫ちゃんの体に害のない数値でキャットフードを作らないといけません。その絶妙なバランスを実現したのがカナガンキャットフードなんです。だから、愛猫家の間でもカナガンは安全なキャットフードだと有名なのです(*^^)v

 

 

 

カナガンキャットフードを購入する前に知っておくべきこと⇒

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加